NTRコミック:Black Lagoon 雪緒

4.0

          
シチュエーション 
     
東南アジアを拠点に活動するマフィアに関するコミックの日本編。日本の暴力団に手を貸すロシアマフィアが、その抗争を激化させる。ヒロインが組長を務めるテキ屋は傘下団体として巻き込まれていく、ある日、組に戻ったヒロインは、組がすでに他の組織に占拠されていることを知る。
キャラクター黒髪、眼鏡、清楚なJK
主人公との関係テキ屋の親分と子分
NTRゲージ★★★★☆


同人:直接表現CG:DLSite.


※以下ネタバレ注意

          
NTRゲージ内訳  
★:NTRに至るまでの、主人公との関係性の描写                     
★:主人公が受ける心理的なダメージ  
★:ヒロインが受ける心理的なダメージ
★:敵役の鬼畜度
☆:実用性(性描写の長さや表現)
感想占拠されていた組には、対抗組織のチンピラが居た。すでに護衛の組員は打ち取られていてヒロインは一人でチンピラ達の中に。躓いてぶつかった一人のチンピラは、ヒロインの顔を殴り続ける。場面は変わりボーリング場で事後の様子が描かれる。「あれだけされて」という鬼畜の言葉がクライマックス。
一般紙のコミックと、映像で、丁寧に描かれるNTR。直接的な表現は少ないものの、鬼畜な敵役に制服のまま引き回されるヒロインと、それを見て、失ったモノの代償を払わせるように、静かにキレる主人公の暴れっぷりの対比が見事。
直接的な表現は同人と凄ノ王で補完を。

English version of this page.

コメント

タイトルとURLをコピーしました