BSSコミック:ある美人空手家の敗北日誌 vol.1 (はるはる堂)

5.0
ある美人空手家の敗北日誌サムネイルBSSコミック

ある美人空手家の敗北日誌 vol.1の紹介記事をご覧いただきありがとうございます。この記事は12/29に発売された、BSSコミック:ある美人空手家の敗北日誌 vol.2(はるはる堂)の紹介記事に合わせて更新したものとなります。敵なしの美人格闘家は、祖父の道場を守るためにチャラい男と空手対決をしていきます。最後までお付き合いください。

「ある美人空手家の敗北日誌 vol.1」の紹介(ネタバレ無部分)

ある美人空手家の敗北日誌 vol.1」のネタバレを含まない紹介です。キャラクタの紹介やBSSに至るまでのシチュエーションの説明の他に、BSS/WSSゲージによる作品の評価(優劣ではなくNTR要素の量を表す)を記載しています。

記事

記事

キャラクター女子格闘界では敵なしの美人空手家
主人公との関係主人公の通う道場の主
BSS/WSSゲージ★★★★★
BSS/WSSゲージの内訳はネタバレ有の紹介記事の冒頭に記載しています。

ヒロイン(千夏)は総合格闘家、女子としては負け知らずの日本チャンピオンで、主人公(山里)が通う道場の師範代でもある。佐野はその道場に通うチャラい男、稽古をサボり千夏をバカにしている。

山里はひそかに千夏に憧れていた。プライドが高く男勝りの千夏に、優しい一面があることを見抜いていた。山里は「試合が終わったら食事を」と千夏を誘い、断られなかった事に喜んでいた。

しかし、佐野は事ある毎に「こんなのはエセ護身術だ」とケチをつけてくる。練習も真面目に行わない佐野の姿を千夏は見下していた。

千夏に対してしつこく挑発を繰り返す佐野に対して、父から受け継いだ道場の雰囲気を守るために、つい「負けたら相手のいう事を聞く」という条件を飲み、佐野と戦う事を了承した…

「ある美人空手家の敗北日誌 vol.1」の紹介(ネタバレ有)

ある美人空手家の敗北日誌 vol.1」 のネタバレを含む紹介記事です。BSS/WSSゲージの内訳に続いて各シリーズの紹介を行います。

BSS/WSSゲージ内訳★:BSSに至るまでの、主人公との関係性の描写
★:主人公やヒロインに未告白の後悔があるか
★:主人公の恋愛感情を敵役(間男)が知っていたか
★ : 敵役の鬼畜度
★:実用性(性描写の長さや表現)

佐野と千夏の対決は、一方的な佐野の勝利に終わった。

佐野は、千夏の立場を十分に理解していた。最強の女格闘家としての評判、そしてその評判を元に守らなければならない道場…

そんな千夏のプライドをゴミ扱いする佐野、屈服のポーズを自らさせるように言いつける…

千夏が大切にしているモノ(評判や道場)の代わりに、千夏の躰は佐野のモノになった…

おすすめポイント

空手とは呼べないケンカのような戦いは佐野の勝利に終わり、千夏は組み伏せられ、下半身を脱がされてしまう。「土下座すれば許してあげますよ」自分の性器にローションを塗りながら佐野は言うが、プライドの高い千夏はハイとは答えない…

男よりも強いというプライドは脆い自信の上に成り立っていたと判らされたヒロイン千夏が、ゲスな佐野の要求を次々に受け入れていく。

人形の服を脱がせるように、千夏の大切にしているものを一つ一つ剥き、放り捨てる佐野が最後に奪いさったモノとは…

「ある美人空手家の敗北日誌 vol.1」の無料体験

本ページにおいてはFANZAより提供を受けたサムネイルの一部のみを紹介できています、以下のリンクよりぜひ残りのサムネイルも確認してみてください。

■FANZA
ある美人空手家の敗北日誌 vol.1

第二話もぜひ

ある美人空手家の敗北日誌 vol.2

この次に読むのなら

強いの女の子が屈服する姿が見られる作品として

コメント

タイトルとURLをコピーしました