BSSコミック:Painted Girl (鏡)

Painted Girl (鏡)紹介画像BSSコミック
        
シチュエーション
        
※注意※ この作品はNTRではなく、BSSに分類しています。

ヒロインはバレー部のエース(水野)。チームが試合で負けた日、顧問の説教が長く続き、体育館を出たのが遅い時間になってしまった。暗い校内を通り更衣室に一人で行かなければならない。怖がりの水野が怯えながら歩いていると、そこに主人公の春田が現れる。初対面の春田だったが優しい、水野が怖がらないように更衣室の外で、着替えが終わるのを待っていた。

春田は美術部員、自分の興味の中心だったバレー以外に別の世界があることを知った水野は、帰りが遅くなると美術室に立ち寄るようになった。水野は知らないことを丁寧に教えてくれる春田が気になりはじめ、ある日告白しようと心に決めたのだった。

水野が春田に告白をしようとしていた夜、バレー部顧問がマッサージをしてやると水野を呼び止める。部室のベッドの上でマッサージを受ける水野は、つい「今日、美術部の子に告白する」と顧問に話してしまう。
キャラクター巨乳JK、こわがり
主人公との関係主人公の美術部に遊びに来る友達、告白直前
BSS/WSSゲージ★★★★★

※以下ネタバレ注意

BSS/WSSゲージ内訳 
        
★:BSSに至るまでの、主人公との関係性の描写                     
★:主人公やヒロインに未告白の後悔があるか   
★:主人公の恋愛感情を敵役(間男)が知っていたか
★:敵役の鬼畜度
★:実用性(性描写の長さや表現)
感想顧問は「部活と恋愛の両立は難しい、部活に打ち込め」といいつつ、指導と称して放漫な水野の胸をもみ始める。逆らえない水野はされるがままになってしまう。そして、凌辱がはじまる。数多くの処女を相手にしてきたという顧問が、水野を堕とすのに時間はかからなかった。

美術部の春田は、遅い時間になりながら来ない水野を心配しつつ、清楚だった時の水野の姿をキャンバスに映していた。そして彼もまたその日告白を決心していたのだった。

春田が楽しそうに絵を描く風景などが丁寧に描かれている。BSSの重要なポイントである「付き合う前までのお互いの憧れる理由を描く」という点が非常によく練られている作品。
顧問の鬼畜っぷりとのギャップが良いです。

ここではサムネイルを紹介できていません。以下のFANZAのリンクより確認をお願いします。
■FANZA
painted girl
■DLSite
painted girl

■この次に読むのなら
①古典に立ち戻り、バレー部の監督は部員を自由にできるという点で、がんばるっ バレー部
②バレー部顧問は鬼畜という点で、女子バレー部●●,寝取られる
③同様にキレイなキャラ(かつバレー部)が見たいという点で、高身長バレー部の清楚系彼女が先輩のモノになってしまう一部始終

コメント

タイトルとURLをコピーしました